9月 3rd, 2014

気にいった部屋を手放さないための契約更新

進学や転勤などで新しい町に引っ越す人の中には、引越しが決まってから賃貸物件を探すという人が多いそうです。しかし、新しく住む町に詳しくない人にとってよい賃貸を見つけることは大変なものでしょう。

このような場合は、地域の賃貸に詳しい不動産屋に賃貸探しを手伝ってもらうのが一番良い方法かもしれません。

その地域に詳しい不動産屋を使ってよいお部屋が見つかると満足できるものです。そして、多くに人はよい物件に長く住むという人が多いそうです。

また、よい物件を見つけたときは契約を行ないますが、この賃貸契約は、大よそ2年というところが多く、2年が経つと契約を更新しないと退室しなければならなくなります。そのことから、契約が終わりそうになると、大家や管理会社から契約の更新について連絡があるので、賃貸物件でまだ住む続けたい場合は、契約更新を行なう必要があります。

このように賃貸の場合は、更新時期に契約更新を行なわなくてはならないといってよいでしょう。
また、契約更新のときに、更新料を請求するところもあります。この更新料を支払っていないと更新手続きがされなくなるため、更新を希望する人は注意しなければなりません。

契約更新は、よい物件を手放したくない人にとって重要な手続きであることを理解する必要があります。

Leave a Reply